フィラリアについて

フィラリア

 「フィラリア」は、犬猫が蚊に刺される事によりその体内に入りこむ糸状の寄生虫です。感染初期はとても小さく症状もほとんどみられませんが、成長すると15-20cm程にもなり、心臓・血管内に住み着いて呼吸困難や心不全など様々な症状・病気を引き起こします。場合によっては命にかかわる危険性もある怖い寄生虫で、以前は犬における死亡原因の第1位でした。予防薬の発達によりここ最近は見かける事が少なくなりましたが、それでもまだ感染が確認されることがありますので油断はできません。

  • 毎年、5月末から12月初旬の期間(住んでいる地方により多少時期が異なります)
  • 毎月1回、予防薬の投与:錠剤・ジャーキータイプ・スポットタイプなどがあります


    [check]毎年、最初の投薬前にフィラリアに感染していないかどうかの血液検査を行います。感染があった場合は、治療しながらの投薬が必要となります。


猫のフィラリア予防

 猫は、犬に比べフィラリアの寄生が少ないのですが、寄生した場合猫の方が重症化しやすく診断・治療もとても難しいのが現状です。
 そのため猫においては、犬以上に予防が重要です。近年、犬と同じように猫でもフィラリア予防が安全に行えることがわかってきました。猫用の予防薬もございますので、お気軽にご相談ください。