ワクチンで予防できる病気について(犬)

ワクチンで予防できる病気(犬)

  • 犬ジステンパーウイルス          <6種・8種>
    • 感染源 :感染犬の分泌物(排泄物・唾液・尿)

      感染経路:感染分泌物の鼻または口からの吸入

      症状  :食欲・元気減退 発熱
           咳 結膜炎 粘性の鼻水 下痢
           神経症状(けいれんなど)

       死亡率が高い
       治っても後遺症(視力障害・麻痺)が残る事が多い
         
      [check]ワクチン接種でほぼ100%防御可能

  • 犬のレプトスピラ感染症             <8種>
    • 感染源 :感染動物(主にネズミ)の尿
           または尿に汚染された土や水  

      感染経路:感染物の傷・粘膜への接触

      黄疸出血型
      症状  :元気減退 発熱 黄疸
           嘔吐 下痢 歯ぐきの出血 口内炎

      カニコーラ型
      症状  :元気減退 発熱 尿毒症 尿の減少
           激しい嘔吐 出血性の下痢

       症状なしの事が多い(不顕性感染)
       人と動物共通の伝染病:日本では近年発症例なし