ワクチンで予防できる病気について(猫)

ワクチンで予防できる病気(猫)

  • 猫伝染性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス1型)<3種・5種>
    • 感染源 :感染猫の涙・唾液・鼻水

      感染経路:感染源の目、口、鼻からの侵入

      症状  :発熱 くしゃみ (膿性の)鼻水
           (膿性の)目ヤニ 結膜炎
           よだれ 咳

       悪化すると潰瘍性角膜炎や失明の可能性あり 

      [check]ワクチンにより「症状を抑える」
          発症予防はできない
          持続感染するため完全には治らない

  • 猫カリシウイルス感染症          <3種・5種>
    • 感染源 :感染猫の涙・唾液・鼻水

      感染経路:感染源の目、口、鼻からの侵入

      症状  :発熱 口内炎 舌の潰瘍
           くしゃみ 鼻水 目ヤニ 結膜炎
           
       悪化して肺炎を起こすこともある 

      [check]ワクチンにより「症状を抑える」
          発症予防はできない
          持続感染するため完全には治らない

  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス)   <3種・5種>
    • 感染源 :感染猫の便

      感染経路:感染物の鼻または口からの吸入

      症状  :嘔吐・下痢 脱水
           元気消失 発熱(白血球減少)
           妊娠猫で流産・死産 
           運動失調(子猫の小脳形成不全)

      [check]ワクチン接種にてほぼ100%防御可能

  • 猫白血病ウイルス感染症             <5種>
    • 感染源 :感染猫の唾液・血液

      感染経路:噛み傷、粘膜から侵入

      症状  :感染初期は無症状
           白血病・リンパ腫などの血液のガン
           (持続感染によるもの)
           免疫低下 貧血
           
       持続感染になると80%が3年以内に死亡

      [check]感染猫との接触が無い猫は感染の可能性が極めて低い
      [check]屋外へ出る猫は要注意!

  • ( 猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)  <猫エイズ単種>  )
    • 感染源 :感染猫の唾液・血液

      感染経路:噛み傷、ひっかき傷、粘膜から侵入

      症状  :軽度発熱後、一旦無症状に(無症状キャリア)
           潜伏期(平均2-4年)を経て
            発熱 貧血 体重低下 
            慢性の皮膚・呼吸器・腸疾患
            免疫不全 腫瘍

       発症すると数カ月で死亡
       ストレス等を排除することで発症せずに暮らせるケースもある

      [check]感染猫との接触が無い猫は感染の可能性が極めて低い
      [check]屋外へ出る猫は要注意!

      • 残念ながら猫エイズワクチンは製造中止となりました。今後、再度製造が開始されるかは未定との事です。><;(2012年8月現在)