初めてご来院の方へ

初めてご来院の方へ

はじめまして、いぬねこ病院アール・ポウ 院長の齋藤です。

当院ではご来院いただいた全ての方に、安心で納得のいく診察を提供したいと考えております。そのため、ご来院にあたって皆さまに以下のご協力をお願いしております。

 

あらかじめお電話にてご連絡いただいた上でご来院ください。

当院は予約診療制ではありませんが、診察をスムーズに進めるためにも事前にご連絡をいただく事をお勧めしております。また、診察はご来院いただきました順番に行っておりますが、緊急性のある方を優先的に診察させていただいておりますので、ご理解をお願いたします。

 

ご連絡が無かったら診察しない!という訳ではございませんので、ご安心ください

 

 

ご来院時には初診表へのご記入をお願いしております。

現在までの予防歴・病歴もお伺いいたしますので、お手元に
[check]混合ワクチン接種
[check]狂犬病予防接種
などの証明書があればご持参ください。

  • ノミ・マダニ予防
  • フィラリア予防
  • 病歴
  • 投薬歴(何という薬を使っている、など)
    わかる範囲で結構ですので、教えてください。

 

ご来院時の注意

病院には様々な犬猫が来られます。「うちの子は誰でも好きだから大丈夫」と思っていても、他の子はそうでは無いケースもあります。ご来院の際は必ずリードをつけていただくキャリーバックに入れてお連れください(キャリーバックが苦手な猫ちゃんは洗濯ネットに入ってもらう方法もあります)

抱っこのままご来院されますと、自動車の音や他の子たちの姿や声に驚いて院内や外へ飛び出してしまう恐れがあります。特に外は車や自転車の往来が大変激しいので本当に危険です。

>>
悲しい事故が起こることのないようご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

ワクチン接種は(できれば)午前中にご来院ください。

ワクチン接種の際は、ごく稀ではありますがアレルギー反応が起きることがあります。軽いものであれば「少し身体がだるい」程度で治まりますが、重いものになると顔が腫れたり、呼吸が悪くなったり、ぐったりと動かなくなってしまったり・・・という事があります。症状の重いものはすぐに治療が必要になることもありますので注意・観察が重要です。

こういった症状が一番出易いのはワクチン接種後1-2時間です。そのため、万が一アレルギー反応が起きてしまったときにすぐに病院へ連絡が取れる様、午前中での受診(遅くとも午後の診察始まってすぐ)をお勧めしております。

ワクチンアレルギーは接種した翌日以降に出るケースもあります!出来れば2-3日の安静と観察がお勧めです!

何か変だな。と思ったらご遠慮なさらず、すぐにご連絡ください。

 

 

下痢・嘔吐の際は、そのものをご持参ください。

病院に来られる中で、最も多い病気のひとつに「消化器疾患」があります。やはり、下痢をしたり、吐いちゃったり・・・という症状は多いですね。

[check]症状はいつからあるか
[check]何回くらいしているか
[check]食餌は食べているか
[check]水は飲んでいるか

ご来院時にはまずこれらの事をお聞きします。

さらに、便や吐いた物の状態もお聞きするのですが、可能であれば便そのもの・吐いた物そのものを見せていただきたいと思います。汚いお話かもしれませんが、その色や形、匂いから色々な情報が得られますし、すぐに検査を行う事もできますので、もしまだ片付けずに残っていれば病院までご持参ください。

>>
「間違って何かを食べてしまった!」というときも同様です。食べてしまったものと同じものがあれば、病院へのご連絡の上、ご持参ください。



いぬねこ病院 アール・ポウ

横浜市金沢区六浦東1-20-6

Tel.045-517-4351 Fax.045-515-4757