熱中症とは

熱中症について

熱中症とは

 熱によって引き起こされる、身体の不調の総称

 炎天下・空調の無い室内などの暑い環境、または長時間の運動などによって身体に熱が溜まることで発症。体温を正常に維持しようとする身体の働きから生じる不調で、時に多臓器不全に陥るケースもある。


原因となる環境

  • 夏場に屋外で飼われている(日陰が無いケースが多い)
  • クーラーなどを使わない締め切った室内に長時間いる
  • 暑い環境での過度な運動

 我々ヒトは、汗をかく事で身体の熱を外に逃がすことができますが、犬は開口呼吸(パンティング)でしか放熱する事ができません。そのため我々以上に熱中症に陥りやすいので注意が必要です。


犬種

  • 短頭種(パグ、シーズー、フレンチブルなど)
  • 寒い地方が起源の犬(シベリアンハスキー、アラスカンマラミュートなど)
  • 肥満傾向のある犬

 空気(熱)の交換が苦手な短頭種や、熱が逃げにくいような身体特徴を持つ寒冷地原産の犬は他の犬種よりも熱中症になり易い傾向があります。また、肥満傾向の犬は身体の脂肪が多い事から寒冷地原産の犬同様、身体の熱が逃げにくく、熱中症になり易いです。


症状

  • 激しい開口呼吸
  • 高熱(体温が40℃を超えるケースもあります)
  • 粘膜の充血
  • ショック・神経症状

 暑さによる体温上昇を防ごうと開口呼吸を行いますが、外気も高温であったり、熱の放散がうまくいかないと体温が上昇します。この段階で上手に体を冷やすことができれば良いのですが、気付いてあげられなかったり冷やせない状況が続くと症状がどんどん進行してしまい、昏睡や神経症状が出ることがあります。また、体温が42℃を超えてしまうと全身・各臓器での酸素の交換の不具合やたんぱく質の凝固が起こり、多臓器不全(心・腎・肝不全・下痢・嘔吐など)に陥り、死亡率が急激に上がります。