熱中症対策

熱中症について

熱中症対策

 残念ながら、熱中症は死に至るケースが少なくありません。初期のものであれば体温を下げてあげるなど対処法はありますが、体温が上がりすぎるなどで多臓器不全になってしまうと有効な治療法はありません。そのため熱中症はその対策として予防が最も重要になります。

熱中症予防

留守番の時は室温が上がらないよう工夫を

 エアコンを使ったり、扇風機を使ったり、熱が溜まらないようにする事が重要です。密閉された狭い空間は避けましょう。


屋外の場合は直射日光を避けられる場所を

 木や日よけなどで常にどこかに日陰ができるよう工夫をしましょう。


水分を十分に取れるように

 常に新鮮なお水が飲めるようにしましょう。常温で十分です。夏場は暑さのため水の減りが早いと思われますので、十分な量を準備してあげましょう。


散歩は涼しい時間帯に

 夏場は地面の温度が非常に高くなり、日が落ちて気温が下がってもしばらく熱を持っています。我々よりも体高の低い犬はその影響を受けやすいため、散歩は朝方もしくは日が落ちてしばらくしてからがオススメです。


車での外出は要注意

 車での外出時は、車内の温度・換気に十分注意しましょう。車内で興奮する子も多いのでより注意が必要です。定期的な休憩を取ってあげましょう。
 また、犬猫だけを車内に残して行く事は絶対に避けてください。


犬種による注意

 短頭種や大型犬、肥満傾向の犬は特に注意が必要です。また老齢犬や心臓の悪い犬も、気温・湿度の影響を受けやすいので注意が必要です。